育ての親 ご希望の方へ

下記をよくお読みになってから、「養親希望申込フォーム」にてお申し込みください

養親希望申込フォームに関する、電話でのお問い合わせには対応しておりません。

 

  1. 日本国内にお住まいのご夫婦
  2. 日本に合法在住の外国籍の場合、自国の養子縁組法により養親認定を満たしている方(養子縁組法とその和訳の提出必要)
  3. 厚生労働省の定める養子縁組基礎講義・研修・実習、合計8講義全て修了できる方
  4. 夫婦ともに「常識」「良識」をお持ちである方
  5. 児童の養育にあたり、清潔な家屋に住まい、経済的に安定している方
  6. 心身ともに健康である方
  7. 自ら進んで養子縁組の手続きを行えるご夫婦
  8. 家族や取り巻く環境が養子縁組について理解あるご夫婦
  9. 子供に自分の価値観や宗教を押し付けないご夫婦
  10. 自己決定により養子縁組を希望する方
  11. 人を思いやる事の出来るご夫婦
  12. 婚姻して3年が経過している方

 

 

 

 

< 第一ステップ>

 

  まずは下記の 養親希望申込フォーム に必要な情報をすべて記載しご送付ください。

  返信はこちらより、順に行います

  1. 電話での質疑(約1時間)
  2. 必要書類の提出

  3. 講義研修
    基礎研修2日 <助産師、ケースワーカー、保健師、産科医など> 参加費     20,000円(夫婦)
    実践研修1日 <精神科医、社会福祉士、弁護士講師などによるワークショップ>  20,000円(夫婦)

  4. 家庭調査(夫婦同席 必須)                                                                                         60,000円 + 職員交通費

  5. 基礎養育実習1日 <マッチング前 産婦人科院内実習>            28,000円(ランチ付 夫婦で)
  6. 実技実習(座学含)3日~ <委託前研修 産婦人科にて入院実習>          30,000円/1日 × 3日間入院(毎食付 夫婦参加必須)

 

上記は厚生労働省の定める研修科目に倣っております。

 

  1. 児童養育論
  2. 養護原理
  3. 養育論
  4. 発達心理学
  5. 小児医学
  6. 養育技術
  7. 養育演習
  8. 養育実習

 

 

 

 

養子縁組運営費用>

 

2018年度、当会の養子縁組委託運営費として1ケース辺り「170万円」ですが、
今後の厚生労働省などの許可制に伴い、国や自治体からの助成が可能な場合、減額変更します。

 

運営費でカバーする 主なものは

 

相談支援にかかるファイル作成管理費、法人住民税、職員給与、家賃地代、福利厚生、保険料、
雑費、事務用品費、荷造運賃、法定福利、職員研修費、啓発促進費、印刷費、会議費、

アフターフォロー支援費、同行支援費、交流会開催に掛かる費用、研修費、その他、運営に必要となる経費があげられます。

 

運営費と別途、各ケースに掛かる実費(分娩費の差額分など)は、それぞれの養親の皆様にカバーいただいております。


養子縁組研修申込フォーム (上記をよく読み、理解してからご送信ください)

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です