アクロス交流会

1月18日、養子縁組でお子さんを迎えた家族が集まり、

交流会を開きました。

 

普段一般の人がはいれない、ちょっと特別な施設を

当会の養親さんのご厚意で使えることになり

養親家族は会場施設にはパスポートで入場、という

ちょっとドキドキな始まりでした。

 

子どもたちが走り回っても大丈夫!な程会場は広く、

会場は全くのアメリカナイズされたサービスなため、

給仕の方がたくさん立ってくださっており

日本的なビュッフェを想像していた皆さんはちょっと緊張。

 

親たちは開場後、

ちょっとドギマギだったのにそんなことは全くお構いなく

子供たちはあっという間に一緒に遊び始め、走り回り

子どもたちが親をリードし繋ぐという感じでした。

 

うちの会では、どの人も、自分らしく家族づくりする、

というのがコンセプトです。

うちの会からああしろ、こうしろという事は絶対に強制しません。

告知の相談や子育て上で養子縁組について

皆さんから沢山相談も受けますが

「自分の家族の在り方、子供の成長に合わせて行ってほしい」と

いつも答えます。

 

会場の集まりは、だれが見ても、ただの子連れパーティそのもので、

当たり前ですが養子縁組と言わなければ

誰にも解らないでしょう。

 

和気あいあいと、子どもたちが叫び、走り回り、

親たちがその後を追いかける、という光景を見て

来賓でお越しになった方からも

「こんなに幸せで自然な光景は想像もできなかった、幸せオーラに圧倒された」と

聞かせていただきました。

 

遠方からも沢山ご参加いただき、本当にありがとうございました。

また交流会にご参加くださいましたサポーターの皆様、

当会顧問の竹内先生にも心より感謝を申し上げます。

 

また今度は是非、暖かくなった頃に皆さんで集まりたいと思います。